米国PEM社製クリンチング・ファスナー

㈱ユーロテックは、米国PEM社製クリンチング・ファスナーの正規代理店になりました。

Tel:042-798-7177受付:9:00~17:00 休業日:土日祝

ご挨拶

弊社、 株式会社ユーロテックは、板金加工業で用る ねじの一種、クリンチング・ファスナーと、圧入機械の販売を行ってまいりました。 ファスナーと圧入機械、両方の取り扱いを行う事によって、 高度な総合圧入技術を持つ国内唯一のメーカーとして高い評価を頂いておりました。 この程、世界的なクリンチング・ファスナーの老舗、 米国PEM社 との 正規代理店契約を締結するに至りました事をご報告させて頂きます。 今後は、PEM社の技術と、弊社が培ってきた圧入技術を融合させ、 さらなる新製品と技術サービスを生み出してゆくと共に、 世界最新のクリンチング・ファスナー技術を御提供させて頂く所存です。 今後ともご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成30年6月吉日
株式会社ユーロテック
代表取締役社長 富山高志

更新情報・お知らせ

このサイトがオープンしました。 NEW
PEMファスナーの歴史と特徴(この下)を追加 UP

PEMファスナーの歴史と特徴

K.A. スワンストロームは1942年に、タッピングするには薄すぎる金属シートに簡単に取り付けられて、 ある程度の荷重に耐えられるネジを製作するためにペン・エンジニアリング・アンド・マニュファクチュアリング社を設立しました。
 まず、スワンストローム氏は、ペンシルバニア州ドイルズタウンのガレージで4台の革新的なマシンを設計しました。 この装置は、すぐにペンシルバニア州ダンボロの工場へ提供され、その製造業者とエンジニアともにファスナーの利点を認識しました。 彼らは多くの組立作業で時間、労力、重量、在庫を削減するだけでなく、エンジニアやデザイナーにとってまったく新しい世界を開き、 初めて薄板金属設計の可能性を広げました。
 業界全体がファスナーを受け入れたので、第二次世界大戦後にはファスナーの本格生産を開始しました。  超薄型と超軽量の金属を一緒に保持する業界のニーズが高まるにつれ、製品ラインも増えました。 長年にわたり、オリジナルのファスナー設計は、何百もの新しい設計アプリケーションに対応するように進化しました。
 現在、ナット、スタッド、スペーサー、スタンドオフ、アクセスハードウェア、およびその他のコンポーネントは、 電気通信、コンピュータ、医療、自動車、航空宇宙機器およびシステムの生産者を含むさまざまなメーカーによって世界中で使用されています。

セルフクリンチングファスナーの特徴
・ 0.3mmの薄い金属板でも強度のあるネジ
・ 下穴に取り付けます
・ 円周方向に均一に固定されます
・ 高いプッシュアウト力とトルクアウト力があります
・ 面取りやバリ取りなどの特別な追加工は必要ありません
・ 圧入後にリタップは必要ありません
・ 低コストで加工できます

↑ PAGE TOP